Sagishimaさぎしま

日本一!!新幹線駅から近い島English

24.寺山の三十三観音

 

 

寺山17番観音さん

寺山17番観音さん

寺山には、今から220年前(1786年)造立の三十三躰の観音さん(石仏)が安置されています。

 

天明3年(1783年),4年(1784年)の全国的な大飢饉のとき、多くの餓死者が出ました。安楽寺の第五代宥心忍長(ゆうしん にんちょう)住職が信徒に図り、家内安全、五穀豊穣を祈願し、有志が一躰ずつ石仏を造営安置したものです。

 

この観音様(石仏)を安置した各家には、安楽寺より厨子に入った観音様が贈られています。背面には「天明六丙午年三月吉辰日奉為新造立○○番○○観音一躰○○○○拝之」と書かれています。この観音様は佐木・向田・須ノ上区とも、関わっていた各家に安置されていると思われます。